【義務化すべき?】薬剤師の病院研修について【PH-03】

Pharmacist

はじめに

薬剤師の卒業後に「病院研修を義務化」という話題が2020年より始まっている。
コレを聞くと

Tune
Tune

薬局に勤務したいから、

卒業後にまで病院なんていやよ~

給与も期待できそうにないし…

アリシア
アリシア

制度も医師の後追い? 

薬剤師には医師とは違う
未来を用意すべきでないのかしら?

他にも、様々な意見もでてくることでしょう。

現在の実務実習
2010年に開始されている。
2ヶ月半病院を学生中に経験する
現在の制度も、10年以上が経過している。

私も6年制の薬剤師として卒業し、
現在は病院薬剤師として勤務しているが
そんな私の意見は

病院研修は薬剤師として生きる上の基盤・土台づくり

になると思っています。

尚、今回のブログの内容に関しましては
m.3com より「現在の実務実習の内容は十分?◆
を参考にさせていただいた上で

  • 病院を経験するメリット
  • 病院が必須になるデメリット
  • 中小の病院薬剤師の立場から考える研修制度への考え

これら3点から話題を広げる上で
私の個人的な見解を交えて
お伝えさせていただいております。

この記事を書いた人

新卒より病院で働く30代の薬剤師
生涯病院のために尽くそうと
病院への興味と転職を広げようと思い立ちブログを開始。
コロナをキッカケに
アラサーからの1人暮らしを開始し
経済的自由も目指している。
歌とBGMを聴くのが趣味。

アースキーをフォローする

画像より m3.comへアクセス ※会員制のサイトです

病院を経験するメリット

病院は日本では、
医療現場の根幹になるところです。
地域によっては診療所かもしれませんが、

薬局で勤めることになっても、
調剤を扱うのであれば
その処方箋はどこからきているのでしょう

病院は医療の始点でもあり、終点でもある。

医療サービスのスタートライン
の多くは病院にあります。
病院の勤務を体系的に詳しく知ることは、
今後の将来の働き方の理解をより
深める経験を得られると思います。

病院が必須になるデメリット

自分で薬剤師免許は取るけど、
将来は起業・開業・独立したい

と、最初から自分の理想のプランがあれば
研修の時期分、起業、独立への
時間が遠のいてしまう
でしょう。
また、実務実習にて、病院勤務にて
人間関係のトラブルに巻き込まれることも。

以来、病院が苦手意識をもってしまい、
将来的に務することに抵抗を感じる
人もいるかもしれません。

親しみの仮面の裏には 何が隠れているのでしょう

私も実習先の病院にて色々とあって
苦手意識をもってしまいました

しかし、病院への就職希望はあったことから
異なる病院への勤務で
現在も病院業界で働いております。

そういった意味では、
実習・研修を通じて

卒後研修は生涯にて
病院で働く選択の「見極め」

が可能になる
大切な期間かもしれません。

中小の病院薬剤師から考える研修制度への考え

病院経験の有無は
将来の医療業界での
仕事のモチベーションにもつながる

と考えております。

G
G
 

今から病院も経験したいけど今からじゃついていけそうにないな。

誰かそういう人がうちにもいると助かるのだが

 
Tune
Tune

病院を経験したから、患者への指導や、先生への照会の仕方

地域での医療活動もイメージがしやすくとても感謝しているわ。

また、多くの中小病院は
病院未経験の方歓迎」とありますが

これは、事実だと思っております

実際に現在の私の部下にも
病院未経験の年上の薬剤師が勤務されており、
日々患者と向き合い
新しい人間関係を築きあげております。

今後、単純作業だけをこなす
薬剤師はAIに淘汰されるでしょう。
その中でAIが苦手とする部分

人の気持ちを汲み取ること・複雑な人間の気持ちを解釈すること

https://www.techfirm.co.jp/blog/things-ai-cannot-do-yet より

将来はこの経験や知的財産の大きさが
自分の将来の経済・人生を豊かにするカギ
と思っております。

人の気持ちは、AIでも理解できないほど複雑な感情も

病院は薬剤師のその部分を
もっとも鍛えてくれる
ことでしょう。
薬局やドラッグストア、
その他の仕事へ転職するのは
それからでも遅くはない
と思います。

おわりに

実務実習、卒業後の病院研修で
どちらにもスポットが当てられにくいのが
中小規模の病院であろう。

大きな病院を経験することで
病院業界全体のイメージが
決められてしまい
転職先としても病院を
視野にいれることがなくなってしまう
そんな不安をいだいている。
人によっては経済的な問題など
課題は山積みであろう。

また、中小のことを知ってもらおうにも
認定薬剤師がいたとしても、
通常業務と兼ねながらやるのは至難の業と思われる。

ここから脱するには、
中小病院の存在を実習などではなく
全く異なる形で具体的な

イメージを伝えられるアイデアが必要であろう。
それは薬剤師会、病院薬剤師会だけでなく

企業や地域も巻き込んだ
薬剤師育成プロジェクト

になっていくのかもいしれない。

ではまた、次のブログで 

Thank you for watching!
See you Next!

おすすめ
【薬剤師の働き方】あなたはどのタイプ?
おすすめ
【無料で転職相談】1度は試すべき理由
注目
title
【はじめての転職】登録から紹介まで
注目
【転職】中小病院が魅力的な理由
必見
title
【転職の意外なポイント】理想の場所の選び方
必見
【すべての社会人へ】転職における7つの幸福