【患者は無限】〇〇〇ではじめる医療【PH-30】

headerPharmacist

はじめに

医療は現場だけで起きているんじゃない!
ネットでも起きているんだ!

Tune
Tune

いきなり
大捜査線みたいなセリフを
こぼしてどうしたのよ?
(;・∀・)

G
G

どうやら今の職場では
目の前の患者しかフォローできない
自分に不満を感じておる
ようじゃな。

病院薬剤師として、医療従事者として
陰ながらみんなの治療を支えているが
もっと多くの人に役立つことはできないか?

みなさんも

  • 職場の経験を多くの人に知ってもらいたい
  • もっと別の職場で経験を積みたい
  • でも何を始めたらよいかわからない

そこで活躍するのがSNSである。

医療スタッフの知恵はもはや
世界中どこでも手に入る時代に。

Outgoing

手に入れた資格を自分の身近な人だけでなく
もっと多くの人に共有できる機会を
作っていきませんか?

今回は「SNS」を
利用した情報発信の魅力を

  • なぜSNSなのか?
  • 病院での医療サービスには上限がある
  • ネットで悩みを解決してスキルアップに

という3つの視点から
話題を広げていきたいと思います。

この記事を書いた人

新卒より病院で働く30代の薬剤師
生涯病院のために尽くそうと
病院への興味と転職を広げようと思い立ちブログを開始。
コロナをキッカケに
アラサーからの1人暮らしを開始し
経済的自由も目指している。
歌とBGMを聴くのが趣味。

アースキーをフォローする

なぜSNSなのか?

アリシア
アリシア

SNSってTwitterや

Instagramと言われている
いわゆるネットサービスよね?

なんでそれが重要なの?

Tune
Tune

今の時代の「資産」として、
フォロワーの数
=その人がどれだけ情報発信で
信頼のある人か?

という数字になっているのよ。

詳しくはコチラの動画をご覧ください。
現代の新資産】SNSフォロワーは、
土地・お金・株式に匹敵する「資産」です

私がこの動画を通して
医療スタッフにSNSを始めてほしい理由は

医療現場の実態を共有し会える場にしたい

日本は保険上、病院やクリニックに
かかりやすいが
診察に来ている患者は氷山の一角と思っている。

私達の情報発信が
見知らぬフォロワーに
あ、これってわたしのことかも!」という
受診や相談するキッカケを作っていきたいと思う。

discover
Tune
Tune

ただし、独断や偏見が混ざった
情報発信は、逆に信用を落として
フォロワーを減らすこともあるので注意よ!
(# ゚Д゚)

アリシア
アリシア

電子カルテ上でも
診療の経過ではなく
個人同士の対立意見記録
みたいな、カルテになっている
ところも現実としてあるくらいよ…
(^_^;)

常に、人のためになるか
読み手が悩みを解決できる
内容になっているかを考えましょう。

病院での医療サービスには上限がある

多くの人が日々病院にくることなく
様々なストレスや病気を抱えているのも事実

入院や外来でやってくる
患者の人数には限りがある。

今、SNSが発達して自分から情報を
発信することで1人でも多くの人の
役立てれば、という思いで発信を続けるのが大切だ。

もちろん、情報は慎重に取り扱うべきだし
誤った情報で被害を与えることはできない

そこを助け合えるのもSNSの魅力である。

partner
Tune
Tune

医療業界の人間同士も
直接交流がなくても
知識を共有できる
とても、素敵な
情報交換の場所だと思うわ。

アリシア
アリシア

さっきも言ったように
最低限のマナーは必要だけど
社会勉強も含めてお互いに
ためになることも多いと思うわ。

SNSの発達は
全国の医療スタッフにとって
確かな助けとなるでしょう。

わたしも参考にできる記事があれば
時々紹介させていただきます。

【やりがいを求めるアナタへ】
病院で働く価値とは?

【こういう病院はNG!】
危険な8つの職場

ネットで悩みを解決してスキルアップに

これまで家族や友人、職場で伝えていた
知識をもっと多くの人に知ってもらう機会を
紹介したが大切なのは
日常でのインプットである。

つまり、
多くの経験や貴重な体験できる場所ほど
情報発信の価値は高まる。

アリシア
アリシア

もっと色んなことを
伝えるためにいい方法って
ないかしら!?

アースキー
アースキー

そこでオススメしたいのが
病院への転職なのです。

薬剤師の中でも病院の人口は5人に1人のため
多くの人より情報と経験が得ることができます。
特に、未経験の方でも可能なのが
中小の病院と考えております。

詳しくは
【転職】中小病院が魅力的な理由
をご覧ください。

Tune
Tune

魅力はある程度理解したわ。
そしたらどうすれば
病院で働けるのかしら?

アースキー
アースキー

今の職場からの転職や
家庭からの復職では
転職エージェントの利用
オススメしています。

  • 転職するまで無料で使える
  • 自分が今やりたい仕事を
    ピンポイントで紹介してくれる

おわりに

今回の記事の内容のおさらい

  • なぜSNSなのか?
    →フォロワーの数こそ
    現代の新しい「資産」である。
  • 病院での医療サービスには上限がある
    →SNSの利用者だけ
    患者であり、医療スタッフ仲間もいる。
  • ネットで悩みを解決してスキルアップに
    →自分が情報発信することで
    医療従事者として価値をあげられる。
    そのインプットには病院がオススメ。

医療知識とネットリテラシー
この2つを高めることは
現代で生き残るための
大切な知恵であり、武器になると思います。

ではまた、次のブログで 

Thank you for watching!
 See you Next!

おすすめ
【薬剤師の働き方】あなたはどのタイプ?
おすすめ
【無料で転職相談】1度は試すべき理由
注目
title
【はじめての転職】登録から紹介まで
注目
【転職】中小病院が魅力的な理由
必見
title
【転職の意外なポイント】理想の場所の選び方
必見
【すべての社会人へ】転職における7つの幸福