【こういう病院はNG!】危険な8つの職場【PH-21】

titlePharmacist

はじめに

ネガティブな一面は
ポジティブな一面の約7倍
印象に残ると言われている。

それだけ職場の環境で
悪い部分があると私達は
その印象が残りやすい。

働き方改革と言われて久しい昨今
病院など医療業界にも
そのメスが徐々に入っている。

危険な職場に出会うことを
極力避ける
ために
このブログの結論としては

危険な職場に存在する
8つの悪を抑えよう

今回はその内容を
以下の3つの視点から
話題を広げようと思います。

  • 1つの不幸が7つの幸福を破壊する
  • 危険な職場の特徴8選
  • 危険な職場からの脱出方法

また、今回の内容は
科学的な適職 (著:鈴木祐)
を参考に作成しております。

転職を考えている
薬剤師の皆様に伝えられるよう
心がけます。是非ご覧ください。

この記事を書いた人

新卒より病院で働く30代の薬剤師
生涯病院のために尽くそうと
病院への興味と転職を広げようと思い立ちブログを開始。
コロナをキッカケに
アラサーからの1人暮らしを開始し
経済的自由も目指している。
歌とBGMを聴くのが趣味。

アースキーをフォローする

1つの悪が全ての幸福を破壊する

全ての悩みを解決してくれる
職場は存在しない。
働く上ではある程度のストレスも必要だ。

同じ「悪」でも
人によって感じ方が異なるだろうし
その環境に残ることで
やりがいが見つかるなら
働き続ける
ことも1つの選択。

しかし、恐ろしいのは
たった1つの悪が
職場で感じるべき幸福を
全てを破壊するだけのパワーを持つ

ということである。

なにが「幸福」か?
また、実は「幸福」には繋がりにくい
転職での「思い込み」については

を参考にしてください。

アリシア
アリシア

改めて自分の職場の
劣悪さに気づけたけど
周囲がその環境に
馴染んている恐怖を
感じることもあるわ。

Tune
Tune

逆に自分の職場環境が
そこまで悪くはない。
と感じたら時間を開けて
分析を再開するといいわよ。

危険な職場の特徴8選

ではその「」とはなんなのか?
具体的な8つを取り上げていく。

  1. ワーク・ライフ・バランス
  2. 雇用が不安定
  3. 長時間労働
  4. シフトワーク
  5. 仕事のコントロール権
  6. ソーシャルサポート
  7. 組織内の不公平
  8. 長時間通勤

これは1から順番に
幸福を破壊するランキングとなっている。

これらを病院薬剤師の目線で
1つ1つ紐解いて見たいと思う。

time-is-money
あなたの人生は アナタだけのもの
時間は大切に J( ‘ー`)し

ワーク・ライフ・バランス

人間の身体はもともと
規則正しい生活によって
コンデイションを整える

24時間交代勤務で働く
医療現場のスタッフもいるので
完全に解決することは難しい。

自分がそれに耐えることが
難しければ、給与が良くても
避けるべき転職でポイントの1つ
である。

雇用が不安定

働き方改革で
正社員でもパートでも
同じ環境で会社が個人を
保証する時代となっている。

薬剤師や医師の中には起業して
開業などをして
自由に働く環境を求める人もいる。

しかし、収入が安定しないことは
精神的なストレスが日々続く
ことになる。

この人口が減少する日本で患者に
選ばれるサービスを作っても
集客の見込みがなければ元も子もないのである。

長時間労働

週55時間を超えると
確実のあなたの心身は
崩壊に向かい始めます。

科学的な適職 より

特に脳卒中のリスクなどが高まるという。

しかし、病院などではむしろ
脳卒中や様々な患者の治療に
昼夜問わず働く職員がいる
のも事実。

私はそういった3次救急での経験はないので
日々奮闘して働く医療スタッフの皆様には
心から感謝しております

心から 尊敬しております。

これは、より人間が治療に関わる時間を
減らせるような治療法・薬物療法
1人1人の生活習慣の改善
など
医療業界の環境要因が
変化することにも期待
したいです。

シフトワーク

ワーク・ライフ・バランスのところで
お伝えしたが規則正しい生活こそ
「体内リズム」を作ります。

不規則な勤務時間は
ホルモンバランスが崩れることで
体調が良くない日々が続きやすくなる。

夜勤専従など決まった時間に
働く職場に務めることで
給与と身体のバランスは
改善されていくと信じたい。

仕事のコントロール権

職場では様々な作業があるが
ある程度、職員1人1人に自由を
持たせてタスク管理を明確にすることが
不公平をなくす手段の1つだ。

患者での調剤作業、事務作業などの
マニュアル通りにやらない。
多少本人のクセがあったとしても
最終的に投薬ミスやヒューマンエラーが
起きないならば、それをミスと指摘せず
自由にやらせることも大事
だと思う。

ソーシャルサポート

病院でも医療ミスに繋がりかねない
エラーは度々起こる。

問題はそれを共有して
業務改善に務めやすいサポートが
今の職場でできるかどうかだ。

ヒヤリ・ハットは医療業界は必ず出てくる。

患者の命と同時に自分の雇用を
チームでサポートし合って
心理的に安全にすること

これができる職場ほど
ソーシャルサポートが高いと言えます。

組織内の不公平

日々の業務が賃金に
どれだけ影響しているか

その透明度をハッキリさせることも大切である。

人間関係の好き嫌いはどこにいっても
出てくるだろう。
しかし、職場はあくまで仕事を行う場所

友達を作りに来ているわけではないので
目の前の患者や利用者に最善のサービスを
提供できる
よう心がければ
そのために今自分の職場で必要なことが
社員・管理職・経営者で一貫して
見えてくると思っている。

長時間通勤

通勤の時間は金額に換算した論文がある。

長時間の通勤がもたらすストレスの高さは
年収が40%アップしないと割に合わない。

科学的な適職 より

しかし、通勤での補助は上限のある通勤額のみ。
家賃負担も上限があるのが事実。

医療機関は不規則な出勤体制の割合も多い。

通勤は1分でも短いほうがストレスは減る。
たとえ家賃が高くても
自分の自由な時間を増やしてくれるなら
近場を選択することで
人生を豊かにできる
と信じている。

詳しくは
賃貸派の薬剤師】
マイホームが不要な
3つの理由【PH-20】
を御覧ください。

危険な職場からの脱出方法

紹介した8つのうち
あなたがあてはまった項目は
いくつあっただろうか

全て解決してくれる職場はない。
多少のストレスは必要だとしても
自分が今の職場に馴染めないという
事実が変わらない。

そういうときに相談役になるのは
こういった存在だ。

  • 身近な友人、家族
  • SNSでの同じ悩みのサークル
  • 職場で価値観の近い人
  • 転職エージェント
Tune
Tune

なんで
転職エージェントが
ここで出てくるのよ?

G
G

エージェントは
同じような
悩みを多く聞いており
その相談や解決策をアドバイス
してくれるプロだからじゃ。

転職という選択にならなくても

  • 今の職場と自分の市場価値は
    見合っているのだろうか?
  • 今の職場で自分のやりたいことは
    続けることができるだろうか?

こういった相談からも
無料で受けることで
自分の気持ちを整理することもできる。

詳細は
【無料で転職相談】1度は試すべき理由
こちらの記事で書かせていただいております。

おわりに

ネットの発達などから
職場環境が劣悪な職場は
徐々に減りつつある。

しかし、医療業界はまだまだ
タブーなところも多く
違法労働が致し方ない部分もあるが
それ自体が本来あってはならないことだ。

  • 個人で取り組める解決策
  • 会社で取り組める解決策

経営者は職員が1日でも
長く働き続けることを望んでいる。

今自分がやれるべきことはなにか
今一度考えて、取り組める仲間を見つけて
行動してみよう。

もし、それでもダメだと思う時

迷ったら行動しよう。
人生一度きり
「後悔」は行動しなかった自分になる前に。

ではまた、次のブログで 

Thank you for watching!
See you Next!

おすすめ
【薬剤師の働き方】あなたはどのタイプ?
おすすめ
【無料で転職相談】1度は試すべき理由
注目
title
【はじめての転職】登録から紹介まで
注目
【転職】中小病院が魅力的な理由
必見
title
【転職の意外なポイント】理想の場所の選び方
必見
【すべての社会人へ】転職における7つの幸福