【独身薬剤師より】年収も転職も自由に決めたいアナタへ【PH-19】

Pharmacist

はじめに

1500万人

これは2040年までに減る
日本の人口の数と言われている。
関東では「千葉県・埼玉県
関西では「大阪府・福岡県
の人口がいなくなる数だ。

少子高齢化が進み経済が衰退していく日本。
国家資格で働く以上、薬剤師に限らず
多くの医療スタッフが国内で
これからの人生を過ごすことになる。

現在の私の価値観と
このブログの結論につながることは

「独身のまま、多くの患者に全力を費やす」

そのためには自分の生活を豊かにすることが重要だ

今回は私が独身で有り続けたい理由を

  • 生活が自由に決められる
  • 働き方が自由に変えられる
  • 転職が自由に選べる

という3つの視点から
話題を広げようと思います。

singel-is-best
独身貴族の世界へ

この記事を書いた人

新卒より病院で働く30代の薬剤師
生涯病院のために尽くそうと
病院への興味と転職を広げようと思い立ちブログを開始。
コロナをキッカケに
アラサーからの1人暮らしを開始し
経済的自由も目指している。
歌とBGMを聴くのが趣味。

アースキーをフォローする

生活が自由に決められる

現在は独身によって起こる
「孤独」という最大のデメリットは
SNSの普及によりなくなっている

結婚は確かに良い人間関係を
生涯築くことができる。

しかし、最近は人との接し方や
価値観が多様化しそれが
ネット上で共有できる。

Tune
Tune

私達を通して
自分の意見を客観的に
色んな表情で伝えられるなんて
面白い時代になったものだわ。
(〃A〃)

G
G

いいね、RT etc…

様々なアクションを
起こして良い循環が

生まれれば

それだけで幸せじゃのう

Outgoing
承認欲求はほどほどに
( ^_^;)

それが自分と価値観の合う人を
探しやすくしているメリット
でもある。

実際に私も医療とは関係のない
遠方の友人ができて、
年に何度かオフ会を開催に交流を続けている。

自立して一定の稼ぎがあれば
自分で好きなことを決めて
生活できることは
独身のメリットの1つだ。

働き方が自由に変えられる

ダラダラ会社で残業するのはよくないが
切り上げるタイミングを自分の都合だけで
決められるのは大きい。

ただし、会社に多くの時間働ける分
家庭の都合などで先に上がる
職員のフォローも数が増える。

その分、ほかの部分で助けてもらうように
普段から信頼を集めておくことも重要だ。

Tune
Tune

ギバー、テイカーとして
お互いの補いながら
助けることも医療業界では
特に重要だと思うわ。
(^ロ^)

アリシア
アリシア

それぞれの意味は
わかりやすい動画が
あるから、そちらから
見てみると良いわ。
(^O^)/

サラタメさん【サラリーマンYouTuber】 より
Nバク【働くナースに捧ぐ】 より

普段から、情報を共有して
自分が不在になっても現場が回るような
意識も忘れてはならない。

mutual-help
困った時はお互い様
(*^^*)

特に24時間人が必要な医療現場でも
スタッフが突然休みになって
白羽の矢が立つこともある。

その時は全力で応えていくし
フォローされた側は次に
自分が助ける側になることが大切だ。

Win-Winの関係を築くことが大切である。

転職が自由に選べる

私個人として独身の
最大のメリットは
職場を選ぶ自由度が高い点だ。

家庭があると
転職できる職場の範囲は途端に狭くなる。
単身赴任などもできるが
子供がいるうちは家庭に時間を置くことも
良い大人へ成長するには大切な要素
である。

family
家庭を持つ幸せを望むのは
当然のこと(*^_^*)

1人での生活
特に賃貸生活なら全国どこでも
働けることをアピールできる。

地域へのこだわりがなければ
自分がいま求める条件の職場を
エージェントが探してくれることも可能となる。

自分が求めるより良い条件が
見つかれば自分の身1つで
移ることができる。

国の退職金制度なども変わろうとしている。
医療業界でも色んな人が
病院を1度でも経験できるよう
転職に対して
向かい風となることを祈っている。

おわりに

私自身結婚を否定しているわけではない。
ただ、出会いや恋愛に尽くす時間を
仕事に使うのが楽しい人生なだけだ。

また、家庭を持って身近な人と
共に過ごすより
1人でも多くの患者、人と接して
薬剤師としてケアができる
いきがい」が
病院で独身で働き続ける理由の1つだ。

Lifetime-pharmacist
患者のそばに常に居たいですね。^^

仕事が恋人とはよく言ったものである。

薬剤師の6割は女性であり
女性が働くメリットとして
「薬剤師」という資格で復職が可能な
この業界は日本社会にとって
良い働き方なのだろう。

ストレス発散は、自分で考える
セルフマネージメントが必須だろう。

独り身で人生を謳歌し
その先にある幸せと自由を
自分の手で掴むために。

ではまた、次のブログで

Thank you for watching!
See you Next!

おすすめ
【薬剤師の働き方】あなたはどのタイプ?
おすすめ
【無料で転職相談】1度は試すべき理由
注目
title
【はじめての転職】登録から紹介まで
注目
【転職】中小病院が魅力的な理由
必見
title
【転職の意外なポイント】理想の場所の選び方
必見
【すべての社会人へ】転職における7つの幸福